目的別留学プラン

3~4年制大学留学
フィリピンの4年制大学では2学期制を採用しているところが多く6月もしくは11月から入学することができます。フィリピンの大学はアメリカ式の教育方針を採用しているので、最短で3年で卒業することができます。また制服着用のルールや、同級生が17歳ぐらいになるところが日本の大学と違うところです。生徒は皆英語がペラペラなので彼らと 一緒に授業を受けることはアカデミックな英語を習得できるだけではなく、日常会話もを学ぶにも非常に良い環境です。また必ずしも3~4年間大学に通う必要もなく、経験として興味のある学部に短期で1年間通ってみたいという方にもおススメです。
1~2年制大学院留学
大学留学とは対称的ににフィリピンの大学院留学は3学期制を採用している大学が数多くあります。入学時期は6月、10月、1月からとなります。また3学期制のメリットは卒業できる時間が早まることです。最短で1年で大学院を卒業することもできます。また多くの学部はパートタイム制を導入しているので夕方から大学に通うことも可能で、より多様なライフスタイルを送ることができます。クラスの平均年齢は少し高めで勉学の意欲を強く持っている人達が多く集まり、勉学の刺激を大いに受けることが期待されます。 大学留学と同様、興味を持っている学部に短期で半年だけ通ってみたいという方にもおススメとなります。
大学内英語ランゲージコース留学
大学内英語ランゲージコースの大きな特徴は、多種多様な国籍の外国人達と肩を並べて英語を勉強できることです。現在フィリピンには英語学校がどんどん増えていて日本人や韓国人、ロシア人などが多くいます。それとは別に大学内の英語ランゲージコースであればアフリカの生徒、中東の生徒、東南アジアの生徒などがたくさん在籍しているので多種多様な学生達と触れ合うことができます。また英語を勉強できるだけでなく、大学の中に宿泊施設や本科生授業の公聴をさせてもらえる大学もあり、大学の外国人への英語教育も多角化が進んでいます。また、正式に大学に入学する前に2,3ヶ月英語を大学の中で勉強してから本科生に入るということもできます。英語に自信がないと思われる方はこのような留学の方法もあるのでお気軽に留学カウンセラーにご相談下さい。
MBA留学
フィリピンで現在注目を集めている最短1年で卒業できるMBA留学です。フィリピンならではの英語環境そして物価の安さという2つの良さを最大限に生かした大変コストパフォーマンスの高い留学です。フィリピンのMBAではパートタイムMBAである大学がほとんどで、夕方から授業に参加することが可能です。ですのでフィリピンで勉学以外の可能性を追求されたい方にも大変おススメです。また週に1~2日だけ授業を受けるだけでも良く、そのペースで1年間で卒業できるので、勉学+αを求める方に大変適しております。
オンラインMBA留学
当留学は長距離MBA教育と呼ばれ、日本にいながらにしてMBAを受講することが可能になるだけでなく、約1年半の教育課程を修了すればMBAの学位も取得できる大変魅力的な留学です。フィリピンに対して怖いというイメージを持たれている方や、ずっとフィリピンにいることはできないという方に非常に適しています。年に3回ものスクーリングがあるものの、現地での滞在費や生活費を考えるとフィリピンで生活をしながら通うMBAよりも更お安い値段で留学することができます。ですのでフィリピンと日本でより多様なライフスタイルを追求されようとされる方に大変おススメの留学となります。

フィリピン留学を目指すあなたに